Amazonアカウントは売却できるか?実体験を元に相場を解説

  
目安時間 5分  
  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

このブログ記事では、Amazon 出品者用アカウントは本当に売却することができるのか?

 

 

  • 売買されている相場は?
  • アカウントの売買は違法ではないか?
  • その後のアカウント運営に影響が出ないか?
  • 売れるまでにどのくらいの期間がかかるのか?

など、セラーセントラルアカウントを売却した経験を元に解説いたします。

 

結論

 

Amazonアカウントは安全に売却することができます。

 

実際に、Amazonテクニカルサポートに問い合わせた上で譲渡してから3ヶ月が経過しますがアカウント凍結や停止などのトラブルは起きていません。

 

あなたも、Amazonで物販をすることに不安があるならばいくらで売れるか試算してみるのも良いと思います。

 

 

相場

売買の相場は、年間の利益額×2〜3年分の価格で売れます。

 

 

私の場合、年間利益は300万円でしたので950万円で売却できました。

※利益額は、家賃・光熱費などは含まないため手元に残る金額より多くなります。

 

 

ポイントとして、この相場や売却価格は仲介業者やプラットフォームによって金額が何百万円も変わってしまいます。

また、取扱商品の今後の市場によっても譲渡価格が変わります。

 

 

アカウントの譲渡は違法ではない

 

譲渡前に、Amazonセラーセントラルのテクニカルサポートセンターに電話で問い合わせました。

 

 

Q.運営者と事業拠点が変わりますがどのような手続きが必要ですか?

A.クレジットカード情報口座情報住所の変更を行ってください

Q.アカウントが停止するリスクはありますか

A.クレジットカード情報と口座情報を同時に変えるとアカウントが一時停止するリスクがあります。

しかし運営者と事業拠点が変わったことをすぐに連絡いただくことでアカウントが復活しやすいです。

 

復活しにくい場合としてアカウントの一時停止から2週間放置される場合は

運営者の引き継ぎ同一であるかの確認が必要になり再開の目処が立たなかったり提出書類が発生したりします。

 

対策としては

①アカウントは一時停止しておく

②大口契約の場合小口契約に変えておく

③クレジットカード情報口座情報住所変更は同時に行う

上記三つで問題ありません。

 

 

その後、アカウントが停止することもなくすでに3ヶ月以上が経過しています。

 

 

まとめ

 

  • Amazonアカウントは、今とても人気で購入したい人がたくさんいる。
  • 個人より多くの企業がアカウントを買いたいと思っている。
  • 事実、募集から1週間で950万円で売れた
  • 売却するサイトやプラットフォームがとても重要
  • アカウントの運営状況やジャンルによって値段が変わる
  • アピールポイントを押さえておくことでより高値で売れる
  • 私の場合は700万円の資産でしたが実際の販売価格は950万円

 

 

 

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

メールアドレス 

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ジョージ

2児の副業パパ

ジョージ

こんにちはー!ジョージです。 せどり転売でうまく行かず 卸仕入れに切り替えた 翌月から月収60万円に。 最高月収160万円 3年で5,000万円以上稼ぎました。 ステップアップのため Amazonアカウントを950万円で売却 知ってる知識はすべて開放します。 有料情報ダダ漏れです。 願いは一つ、「悩んでいる人を助けたい」

アーカイブ

カテゴリー

ページの先頭へ